小国で恋人と思い出づくり

| 未分類 |

道の駅小国は熊本県の国道212号線及び442号線が交わるところにあります。特産である杉を使用した「ゆうステーション」という建物があります。木造トラス構造、逆台形デザインの建物です。休憩所と特産品の販売が行われているほか、2階にはギャラリーがあります。観光インフォメーションや特産物、文化、イベントの紹介、就職や住まいの情報提供などが受けられます。周辺には焼き鳥屋とソバ屋などの店があります。 町では現在「木の文化・木の復権」をテーマにした町造りが行われていて、ゆうステーションのようなユニークな木造の建築物はその一部です。また、この場所は国鉄の宮原(みやのはる)線の駅があった場所です。宮原線は昭和59年(1984年)に廃止になりましたが、コンクリート造りの7アーチ橋が現在も残っており国の有形文化財に指定されています。宮原線は35年という工期をかけて開通され、大分県から熊本県肥後を26.6Km にわたりつないでいた線路でした。残っているアーチ橋は幸野川(こうのがわ)橋梁、北里(きたざと)橋梁、堂山(どうやま)橋梁、塩井川(しおいがわ)橋梁、堀田(ほりた)橋梁、菅迫(すげのさこ)橋梁、廣平(ひろだいら)橋梁です。