不知火で旅の思い出を作る

| 未分類 |

不知火という地名は、数百年前に暗い夜の海を巡幸していた天皇を導いた、不思議な火の伝説に由来します。その神秘の火は、一年のうちに数時間だけですが現在も見ることができ、なぞめいた光は多くの人々を魅了しており、ここへの旅行は知的好奇心を掻き立てられる旅となること間違えなしです。この光は、海岸のどこからでも見ることができますが、とくに人気なのは永尾神社からの光で、多くの観光客でにぎわっています。また、この火が見られるときに開催される海の火祭りは、この伝説を現在に引き継ぐ歴史ある祭りで、地元の太鼓の演奏や、踊りが披露されるだけでなく、海上花火大会も開催されるので、見ごたえがあり、意味一面に光を放つその様子は圧巻です。また、この神社は胃腸病にご利益があるといわれていて、エイの絵馬があることと、海に鳥居があることが有名です。混雑はしますが、歴史的な行事と神秘的な火を見ながら、心洗われる旅行になること間違えなしです。また、温泉も有名で、塩分を含む塩湯の温泉は体をぽかぽかにしてくれ、美肌効果もあります。また、地元のデコポンは全国各地から買い求める人が多く、デコポンカ関連の商品をたくさん堪能することができます。